今更感満載ですが、ノンシリコンとシリコンの使い分けについて書いていこうと思います。

シャンプーやトリートメント容器の裏側を見ても成分表にはシリコンとは記載されていません。ジメチコン・シクロメチコン・アモジメチコン・コポリマー・シロキ・シリカ・フェニルトリメチコンなどが記載されているのはシリコンシャンプーです。

シリコンは表面をコーティングしてキューティクルを保護してくれるので、キシミを無くして手触りを良くしてくれます。

おいら的にはキシミを無くして手触りを良くするのはトリートメントの役目だと思っているので、シャンプーはノンシリコンでいいんじゃ・・・?って思ってます。

シャンプーを買う時に気をつけて欲しいのが市販の安いシャンプーに洗浄成分としてよく使われているラウレス硫酸Na・ラウリル硫酸Naは洗浄力が強く良く泡立ちます。この成分は車の洗剤とか歯磨き粉にも使われています。

でもこの成分が入っているシャンプーは汚れ以外に髪に必要な物まで落としてしまうので、髪の毛がパッサパサになり、キシミや引っ掛かりが出来て更には頭皮も乾燥しやすくフケの原因になるので、成分表を見てラウレス硫酸Na・ラウリル硫酸Naと書いてあれば買わないのがベストです!!

更に、ラウレス硫酸Na・ラウリル硫酸Naがメインの洗浄成分のノンシリコンシャンプーはシリコンが入っていないので、もっとパサついて指通りの悪いシャンプーになるので、本当にオススメ出来ませんので、シャンプーを買う時はここを気をつけて下さい。

ノンシリコンシャンプーが注目されたのはシリコンはコーティング剤の一種なので髪に皮膜を作るという性質があるので、そこを指摘して「シャンプーは汚れを落とすのが一番大切な役割なのに、コーティング剤を入れたら頭皮や髪に良くなくね?」って発想から注目されたみたいです。

ノンシリコンシャンプーはシリコンを使わなくても髪に優しい洗浄成分(ラウレス硫酸Na・ラウリル硫酸Naを除く)を使っている事が多いです。

シリコンが悪いと言っているのではなく、化粧品とかにも使われているので本当はシリコンは安全性がとても高いです。

でも、最初の方で書きましたが、表面をコーティングしてキューティクルを保護し、キシミを無くして手触りを良くしてくれるのはトリートメントの役目だと思っているのでシャンプーには必要無いと思っています。

ノンシリコンかシリコンのどっちを使うか迷うのはトリートメントの方です。

トリートメントは髪質によって使い分けをした方がいいです。

シリコン入りのトリートメントは髪の毛に皮膜を作るので、ツヤが出て、サラサラとした指通りになり、髪が皮膜で少し重くなる分、落ち着くという効果があります。

なので、髪の落ち着きと、ツヤとかサラサラした指通りにしたいという人は、シリコン入りのトリートメントが良いと思います。

逆に、髪の毛が細くてボリュームを出したい人には、シリコンが入っていないノンシリコンのトリートメントの方がおすすめです。

シリコンの皮膜がなくなるので、髪が軽くなり、根元からふわっと立ち上がってボリュームが出ます!

なので、トリートメントは自分の髪質によって使い分けをした方がいいです。

因みに、世の中に出回っているノンシリコンシャンプーにはシャンプーはノンシリコン。トリートメントはシリコン入り!って商品が多いので、ノンシリコンのトリートメントが良い!って方は特に気を付けて裏の成分表を見て、ジメチコン・シクロメチコン・アモジメチコン・コポリマー・シロキ・シリカ・フェニルトリメチコンなどと記載のない物を選んで下さい。

以上、長くなりましたが、祝日の火曜日に店を開けてても休みだと思われてて暇なので、長々と書いてしまいました。

皆様、祝日の火曜日お店やってますので、お待ちしておりますよーー!

では〜〜♪

KOO’S久米川店のはやでした。