東京の11月に雪が降るのは54年ぶりらしいですね。。

雪かきする気満々で家を早目に出たのに、全く積もる様子も無くて店の開店までたっぷり時間あるので、雪に関するヘアケアのブログと書こうと思います。

雪の髪

髪の毛は紫外線の影響をとても受けやすいので、日焼けには非常に注意が必要です。日焼けと言えば夏のイメージが強いのですが、実は冬の季節でも髪は紫外線の影響を確実に受けています。その原因の一つが「雪」です。

冬の間でも、雪に反射した日光で皮膚や髪が焼けることがあります。(松崎しげる並に黒くなります)このことを一般的には「雪焼け」と呼んでいて、これは髪の毛で言うと日焼けと一緒なので、焼けて髪の毛が少し茶色になってしまったり、水分が飛んでしまい乾燥してしまいます。
雪が髪の毛に与える影響というのは非常に甚大です。

当然、茶色といっても、カラーリングをしたようなキレイな色ではないので見た目が非常に悪くなってしまいます。特にパサパサした髪はまとまりづらく、細毛や切れ毛の原因になります。

なので、紫外線をカットするヘアスプレーをして、髪をニット帽などで覆うといいと思います。
ロングヘアの場合には、後ろでまとめて帽子のなかに入れてしまうと良いかもしれません。

できるだけ雪の反射を受けないようにすることが大事です。
紫外線による影響で特に心配なのがメラニン色素なので、ビタミンCを摂取するようにして下さい。
そうすれば雪焼けによる髪の毛へのダメージをいくらかでも防ぐことができます。

それと、雪焼けに対する予防も大事ですが、アフターケアも忘れずに行ってください。
いくらヘアスプレーやニット帽で予防していても、それで髪へのダメージがゼロになるということはないです。
特に夜にはシャンプーとトリートメントをしっかりと行い、十分に保湿して下さい。

このようにして冬の時期にも大切な髪の毛を守ることができると思います。

久米川 美容院KOO’S はやでした。

*この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみて下さい。

 

冬に起こる髪の毛トラブルから髪の毛を守りましょう