艶のある髪の毛と健康な頭皮を維持するには、タンパク質、ビタミン 、亜鉛、鉄、オメガ3脂肪酸、カルシウムの摂取が重要ですが、どのような食品を食べればそれらの栄養素を効果的に摂取できるのか?を書いていこうと思います。

米国のサイト Top Ten of City が発表している「Top 10 Foods for Healthy Hairs」によると髪の毛に良い食品トップ10は次の通りです。

髪の毛に良い食品トップ10

1位 卵
2位 ナッツ
3位 牡蠣
4位 緑黄色の葉野菜
5位 鶏肉
6位 豆類
7位 鮭
8位 乳製品
9位 人参
10位 ホールグレイン(全粒穀物)

1位 卵

卵には、髪の毛を健康に保つために必要な4つのミネラル、セレニウム、鉄、亜鉛、硫黄が含まれていて、タンパク質やビオチンもたっぷりと含まれています。

ビオチンとは、髪の毛の成長を促し、頭皮全体を健康に保つ、ビタミン B 群に分類されるビタミンの一種で、欠乏すると、脆弱毛を引き起こすそうです。鉄分は、毛根細胞に酸素を供給するために必要で、欠乏すると脱毛の原因になります。

tamago
2位 ナッツ

ナッツは、種類によって含まれる栄養素が異なります。クルミは、オメガ3脂肪酸に富み、髪の毛の自然なコンディショナーとして機能します。カシューナッツ、アーモンド、ピーカンナッツは亜鉛を多く含み、脱毛を防ぐと言われています。

nattu
3位 牡蠣

牡蠣は亜鉛を多く含み、髪質の向上に効果があると言われています。脱毛を防ぐ効果がある他、白髪化を防いだり、頭皮の乾燥を予防したりといった効果もあるみたいです。

kaki
4位 緑黄色の葉野菜

緑黄色の葉野菜とは、ほうれん草、ロメインレタス、ケール、ブロッコリーなどの濃い緑の葉もの野菜。ビタミン C と A を多く含んでいます。これらのビタミンは健康に良いだけでなく、頭皮の状態を整えるのにも有効らしく、濃い緑の葉もの野菜は、カルシウムや鉄分も豊富なのだそうです。

hayasai
5位 鶏肉

鶏肉のたんぱく質は、メチオニンなどの必須アミノ酸をバランスよく含み、肉の繊維も細くやわらかく消化吸収率が高いです。
メチオニンは髪の毛を形成するたんぱく質、ケラチンを組成するのに
必要な18種類のアミノ酸の内のひとつです。

toriniku
6位 豆類

豆類には、鉄分、タンパク質、亜鉛が含まれており、これらが髪の毛の健康を増進します。また、髪の毛の成長を促す、ビオチンも多く含まれています。

mamerui
7位 鮭

鮭は、オメガ3脂肪酸、ビタミン D 、タンパク質に富んだ魚です。これらの栄養素は、髪の毛を強く、健康で、つやのあるものにします。鮭の他、イワシ、サバ、ニシン、イワナなどにも同様の栄養素が含まれています。

syake
8位 乳製品

スキムミルクやヨーグルトのような低脂肪乳製品は、髪の成長に必要なミネラルであるカルシウムを、多量に含みます。
またホエーとカゼインという、二種類の高品質なプロテインを含んでします。
お出かけの際にはヨーグルトやカッテージチーズをバッグに持ち歩くことも、
美髪のためにはオススメです。
高脂肪のものを多く摂取してしまうと髪以外に影響が出てしまいますので、
低脂肪のものを選ぶとよりいいようです。

nyuuseihin
9位 人参

人参は、脱毛を防ぐ天然のコンディショナーとなる皮脂の形成を助けるビタミン A を多く含んでいるので、健康な髪の毛を作り出すために重要な役割を果たします。

ninjin
10位 ホールグレイン(全粒穀物)

ホールグレイン(全粒穀物)は、鉄、亜鉛、ビタミン B という、髪の毛に良い3つの栄養素を含んでいます。ホールグレインは、朝食のシリアルや、全粒粉パンなどで摂取できます。

horugurein

*この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみて下さい。

食欲の秋!髪の毛にいい3つの旬の食材

髪の毛に必要な栄養成分

美容院 KOO’S久米川店 はやでした。